土佐 高知には本物の食がある




高知市内から車で約3時間、
四国最南端に位置する高知県土佐清水市。
ジョン万次郎の生誕の地として有名な場所だ。
その生誕の地のすぐ近くに新谷商店はある。
四代目は新谷重人さん。



私たちが訪ねると奥様が温かな出汁を振る舞ってくれた。
出汁はこんなにも味わい深いものだったであろうか?
ここで生産されているのは宗田節。
宗田節は鰹節の仲間というと分かりやすいだろうか。
原料はソウダガツオである。
土佐清水ではメジカと呼ばれ親しまれている。
鰹に比べ魚体が小さく、血合いが多い。
この血合いが出汁にコクと香りを生み出し、
味わい深いものにしてくれるのである。

この宗田節、実は危機から生まれたものなのだそうだ。
江戸時代には鰹節の産地として栄えていた土佐清水。
しかし戦後、鰹の漁獲量が減少してしまう。
そこで先人たちは鰹と共に水揚げされながら
今までは捨てられていたメジカに注目した。
鰹と同じ製法で節にしてみたところ
濃厚な出汁になる宗田節が完成した。
それは瞬く間に各地へ広まり、蕎麦屋、うどん屋から
支持を受け、全国でも有名な宗田節の産地となった。
しかし、これで安泰ではなかった。
近年になり、不景気という時代の流れから
顧客の店舗が店を畳み問屋の廃業も続いた。
それまで卸を専門にしていた新谷商店は岐路に立たされた。
それまでは地元土佐清水でも宗田節を
使う人はほとんどいなかったのである。
まずは味を知ってもらわなくては始まらない。
三代目はそれを機に宗田節を削り、物産店や小学校へ持ち込み、
皆に知ってもらう努力をした。
そして徐々に宗田節の存在は知られていった。
そして、今。さらに多くの方に宗田節を広めるのが四代目重人さんの役目だ。

私たちはこの宗田節に出会って感動した。
多くのお客様にも共感してもらいたい。
まずは卵かけご飯専用極上宗田節からお試しいただきたい。



極薄に削られた宗田節は風味豊かにご飯の上を舞う。
そして口の中で香り高く、濃厚な味わいを演出してくれる。
一度手にしたら手放せなくなりそうである。




商品詳細に戻る
トップページに戻る